体力的・精神的な強さ、責任感、使命感を持つことが必要です。

MENU

手術室看護とは!?

 

手術室看護と聞いて仕事内容や手術室での看護師さんの役割がイメージしにくい方も多いのではないでしょうか。
手術室看護とは、手術室で行われる医師の援助や手術する患者さんのサポート、ケアをすることです。

 

手術看護師は手術室に勤務する看護師さんで、手術する患者さんのケアやサポートをする看護師のことです。手術室看護師は、看護師免許があれば誰でもなることが出来ます。

 

仕事内容

手術室看護師の仕事内容は、器械出し看護師(間接介助)外回り看護師に分類されます。
器械出し看護師(間接介助)は、医師に手術の器械を渡す看護師で、外回り看護師は、手術をうける患者さんの代弁者となる手術のコーディネーターです。
手術中のトラブルや突発事故などに対応しなければいけないため、高度な知識と経験が必要とされます。

困る女性看護師

 

器械出し看護師と外回り看護師では、手術前、術中、術後でもそれぞれ役割りが違ってきます。手術室看護の仕事は特有の勤務体制があり、当直や自宅待機 勤務があります。
勤務時間外でも緊急手術で呼ばれれば対応しなくてはいけません。
生命に関わる現場での仕事なので、大変な部分も多い分野でもあります。

 

 

長時間立ちっぱなしなので、体力的に強くないといけません。また、覚えることが多かったり、医師に怒鳴られることもあります。ミスが赦されませんし、長時間、緊張感のある空間で仕事をしなければいけないため精神力も必要になります。

 

手術室看護師は、体力的にも精神的にも強くないと務まりませんし、責任感、使命感も非常に重要になります。その分、やりがいや手術が成功した時の喜び、達成感も強い仕事と言えます。
高齢化社会により、昨今の手術件数は増加しています。それに対し、手術室看護師の人手は不足しています。手術室看護師は手術室での看護のエキスパートとして必要とされている仕事です。