生命にかかわる疾患による問題に直面している患者やその家族をサポートする役割を担います。

MENU

緩和ケアとは!?

医者と患者家族

 

緩和ケアとは、苦痛をやわらげることが目的の医療的ケアのことを言います。完治の見込めない患者への身体的、精神的苦痛を和らげ、緩和することを目的としています。
また、身体的苦痛や精神的苦痛、社会的苦痛やスピリチュアルな苦痛などに対処するため、療養生活などをサポートしていく役割を担います。

 

緩和医療とも言われ、生命にかかわる疾患による問題に直面している患者やその家族をサポートする役割を担います。
具体的には、がん患者の手術や化学療法などのがんそのものの治療だけでなく、痛みなどのつらい症状や精神面の問題、療養上での気がかりなどを解決などがあります。

 

がん患者の治療生活では様々な問題が起こります。
治療中にも関わらず痛みが強くなってきた。気持ちが落ち込んでしまい精神的につらい。抗がん剤がつらい。自分らしく生活したいので、自宅で過ごしたいが方法がわからない。など患者さんのニーズに沿った対応が必要になってきます。

 

緩和ケア認定看護師

緩和ケアの分野には、緩和ケア認定看護師という資格があり、看護師として5年以上の実務経験があり、3年以上の緩和ケアの経験がある人が受験資格を得られます。

 

認定看護師とは、日本看護協会が制定している資格で熟練した看護技術と知識で看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかる資格です。これら、緩和ケア認定看護師になるには実務を含む経験が必要です。認定看護師になりたいと思っている方は、自分の希望する分野での経験が積めるよう配属先の要望を出すようにして下さい。

 

緩和ケア看護では、患者さんを全面的に理解し、専門性の高い看護を実践する必要があります。コミュニケーション能力はもちろん看護職者への指導、相談も必要となります。看護の分野でのスペシャリストとして求められる能力も高いため、その分やりがいのある仕事でもあります。