MENU

不妊症看護とは!?

ハートを持つ女性看護師

 

 

不妊症看護は、不妊の治療と看護を中心に行う仕事です。不妊症の治療では、患者の治療方針を決めるにあたっての正しい情報と支援が必要になります。
不妊症看護の仕事では、患者さんの身体的負担や精神的負担、経済的負担などのアドバイスや相談、指導や支援などを行います。

 

不妊症の治療には、タイミング療法、ホルモン療法、人工授精、外科的療法などがあります。
また、不妊症看護には、実践指導相談という3つの役割があります。個人、家族、集団に対して治療方針の支援や実践、不妊検査、治療に関する情報提供や自己決定の支援などが必要になります。
偏った情報や間違った情報などで治療方針を決定してしまわないよう説明する必要があります。

 

副作用や費用などについても患者さんが理解出来るようアドバイスをします。
生殖不妊医療に関する最新の知識も必要とされます。不妊症に悩む方へのカウンセリングなどの役割も必要なため、幅広い知識と技術のいる仕事です。

 

女性がかかりやすい病気として、他に摂食、嚥下障害というものがあります。

 

不妊症看護認定看護師

不妊症看護の資格として、不妊症看護認定看護師というものがあります。日本看護協会が発足させた認定看護師制度で、水準の高い看護実践と看護現場における看護ケアの広がりや向上を目的とした制度です。

 

不妊症看護認定看護師の資格をとるには、幾つかの条件があります。
条件には、
・日本の看護師免許を持っていること。
・看護師免許取得後、実務研修が5年以上あること(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)。
・認定看護師教育機関を修了していること。

などがあります。その上で筆記試験などに受かる必要があります。さらに資格取得後も5年ごとに更新をしなければいけません。

 

不妊症看護の現場では、期待される能力や役割も多い分野なので、活躍の幅も広がるのではないかと思います。
これから、看護師を目指す方や専門資格の勉強を始めようと検討中の方は不妊症看護の分野も検討されてみてはいかがでしょうか。